豊洲市場 市場前|ラーメン ねいろ屋 さんレポ|江戸前場下町

グルメレポート
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。東京湾岸びよりのおかともです。

今回は、豊洲市場併設の観光スポット 江戸前場下町にあるラーメン屋さん「ねいろ屋」さんへ行ってきましたのでレポートします

スポンサーリンク

江戸前場下町とは

ゆりかもめ「市場前」駅から徒歩1分

全体の現在の営業時間は午前9時~午後6時となっています(2020年8月31日現在)
ただし、店舗によっては営業時間の短縮、休業を行っているところもあります。
※店舗スペースおよび飲食スペース自体は、狭め、少なめです。ねいろ屋さんのラーメンは外のオープンスペースでの飲食も可能ですので、涼しくなってきたら快適かもしれません。

スポンサーリンク

混雑状況は?

8月31日(月)12時頃に訪れた際は、販売スペースは少な目でした。飲食側はお昼時もあって、観光客よりは近隣の方、工事関係者などが多く利用されていました。丁度満席だったため、10分程待ちました。
販売スペースは、あまり混雑していないので、より安全にお買い物が可能です。また、お店の方とも色々と会話を楽しみながら、涼しい中お買い物、飲食出来ます。

ラーメン店 ねいろ屋

ねいろ屋さんは、東京都杉並区にある行列店が、豊洲場下町にも出店されたようです。化学調味料を使わず、材料にもこだわりが感じられます。店内には、店名の”ねいろ”にもあるように、レコードジャケットがカウンター上に飾られていて、オシャレな雰囲気です。カウンターチェアもオシャレな黒色のものでした。荷物カゴが足元にあるのも嬉しかったです。

ランチ時間帯 麺大盛無料!

今回はとても暑い日でしたので、限定メニューの「瀬戸内レモンラーメン」と「冷やし煮干しそば」を食べました。
ランチの時間帯、麺大盛無料をやっていました。嬉しいですね!夫は冷やし煮干しそばを大盛にしてもらいました。

ねいろ屋さんの定番メニューは醤油ラーメンの印象でした。こちらを食べている方を多く見かけました。女性は瀬戸内レモンラーメンが多かったです。

瀬戸内レモンラーメン

冷やし煮干しそば(麺大盛)

感想とまとめ

瀬戸内レモンラーメンは、どことなく、いや、見た目通りのレモン色です。スープを味わうとしっかりレモン味。でもとがった酸っぱさではなく、優しすぎるわけでもなく、スープとマッチしていて爽やかでとても美味しかったです。

冷やし煮干しそばは、食べ終えると身体が冷えるほど冷たかったそうです。あっさりした味わいで、味も濃く、”そば”とうたっているように、日本そばの感覚でツルツルした味わいです。

どちらも、ラーメンの麺は細めです。ラーメンを食べた後にあるような胃もたれ感はまったくなく、油臭さもありません。あっさりと食べられます。男性でしたら麺大盛が丁度良さそうです。

今回食べませんでしたが、こちらのねいろ屋さんは、かき氷も有名だそうです。目の前でかき氷を削っていらっしゃいましたが、2つの特製シロップを削り途中、削り終わりと2段階に分けて、たっぷりとかけていらして、見た目もふわふわでとっても美味しそうなかき氷でした。

いかがでしたか?豊洲市場や江戸前場下町の観光帰りにあっさりと美味しいラーメンを食べて帰るのもいいですね。

オススメ度

★★★

星三つ!

湾岸地域では、こうしたラーメン店はほとんどないので、とても貴重です !!
豊洲市場隣接の場所柄、営業時間が18時まで、日曜日お休みが少し残念です。

[st-card myclass=”” id=”1004″ label=”関連記事” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

アクセス

ゆりかもめ「市場前」駅 徒歩1分 改札を出て左折すぐのエスカレーターを降りた右手すぐにあります。

駐車場も江戸前場下町すぐ隣にオープンしています。
コミュニティサイクルポートもすぐ近くにありますので、レンタサイクルして来られるのもオススメです。

〒135-0061 東京都江東区豊洲6丁目3−12

休業日:豊洲市場カレンダーに準じる

おかとも

おかともです。東京湾岸 暮らしも6年目になりました。
目まぐるしく変化する東京湾岸地域や猫のことなど、書いています。
2021年10月necotomo「ねことも」キャットシッターを湾岸地域で開業いたしました。こちらもよろしくお願いします。

おかともをフォローする
グルメレポート湾岸情報現地レポート美味しいもの
スポンサーリンク
シェアする
おかともをフォローする
東京湾岸びより